転職前にとるべきでない行動とは

転職先が決まるまでの注意点

職場に対する不満や自己実現の追求など、転職を決意する理由は人それぞれです。中には給与条件や上司の態度などに不満を抱え、転職を決意される方もおられるでしょう。ただ、理由はどうあれ実際に転職を果たすまでは、現在の職場の悪評を広めたり、仕事を疎かにするのは得策ではありません。というのも、現在の勤め先と転職希望先に繋がりがある場合があるからです。このほかにも、再就職の前にするべきではない行動がいくつかあります。

 

面接時に職場の悪口をいわない

転職先で面接を受ける際、前職を辞めた理由を問われることがほとんどです。その際、ついつい前職の愚痴をいいたくなるかもしれませんが、私心を抑えて客観的な事実のみを述べるようにすべきです。あなたが面接官だとして、会社の悪口を並べ立てるような社員を採用したいと思うでしょうか。面接では人格もしっかりチェックされますので、不要な発言は避けたい所です。

 

好印象を残して職場を去る

再就職先が決まり、職場を去る段取りがついたとしても、現在の職場で仕事を怠けたり悪態をついてはいけません。仕事を的確にこなし、悪い印象を与えずに職場を去ることができれば、いざ転職先が自分に合わなかった場合に前職に戻れる可能性を残すことができます。ここまでに挙げた点に留意して、気持ちのよい転職を実現しましょう。